意味のない脱毛方法

美を追求する女性
現在はたくさんな脱毛グッズが数多くありますが、私が学生だった頃にある脱毛がある地域限定で人気でした。

それは、軽石をガーゼで包んで、脱毛やりたい個所を優しく擦るだけのメソッドでした。

薬剤のアレルギーのあった私は、関心二分の一でその脱毛技術を試したのですが、それは大変危ういな行為だったのです。

軽石は、足裏や踵の硬くなったり、ザラザラしたところを擦る物ですよね。

どんだけガーゼに包んであるかと言ってももちろん、肌は擦り傷のような状況になってしまったんです。

見えないところで試したものの、治るまで痛かった事をよく覚えています。

なぜ、あんなテクニックが流行ったのか理解いただけませんが、安易にやってはリスキーだと身をもって知ったのです。

それから、4,5年たった頃に流行ったのが、シルクのスカーフで体を洗うだけで必要ない毛が無くなるという物でした。

私は以前の挫折があったので試しませんでしたが、試した友達の話だと、スカーフの方が駄目になるので必要ない毛が無くなるまでに経済的にキツイとの事でした。

世の中たくさんな脱毛手段がありますが、根拠のない都市神話の様な脱毛技術は必ずにリスキーです。

ちょっとくらい平気でしょう?の安易な心の内は捨て、安心なメソッドで脱毛してください。

必要ない毛が無くなっても肌が傷んでしまったら、元の可愛いな肌に戻るサポートは少ないのです。

嬉しい高校生の時に遊び二分の一で傷つけた肌は何もなかった様に治りましたが、運が良かっただけの話です。

wt_admin201711